2006年07月07日

■ブラジル−フランス試合結果速報

決勝トーナメント2回戦、準々決勝ブラジル対フランスの結果速報です。


ブラジル 0 − 1 フランス


W杯後に引退が決まっているジダン率いるフランスと
2連覇を目指すブラジルがベスト4をかけ対戦!

前半戦から予想外の展開が続く。フランスが主導権を握り、
何度もチャンスをつかむ。ブラジルは守勢にまわる展開に。

ロナウドをワントップにして臨んだブラジルだが、
肝心のロナウドがフランス守備陣に封じ込められチャンスを作れない。

フランスはジダンを中心に中盤からの飛び出しなど多彩な攻撃を仕掛け、
ブラジルゴールに何度もせまった。

しかし、前半は両チームノーゴールで終わった。

迎えた後半12分、左サイドからのFKをジダンがファーサイドのアンリへ。
フリーのアンリがキッチリあわせて先制ゴール。
ブラジル守備陣が混乱し、アンリをフリーにしてしまった。

ブラジルは選手交代を早めに行って同点にすべく猛攻を仕掛けるが、
結局フランスゴールを割ることができなかった。

フランスは1点を守りきり、ベスト4進出。
優勝候補の筆頭ブラジルは、ここで姿を消した。

posted by 日本代表応援隊 at 07:33| Comment(52) | TrackBack(7) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

■イングランド−ポルトガル試合結果速報

決勝トーナメント2回戦、準々決勝イングランド対ポルトガルの結果速報です。


イングランド 0 − 0 ポルトガル
      (1 PK 3)

史上最強と言われるメンバーが揃っているイングランドと
ベテラン・フィーゴ率いるポルトガルがベスト4をかけ対戦!

前半戦から一進一退の攻防となるが、お互いに決定力がなく
スコアレスのまま前半終了。

後半に入り、ベッカムが負傷により交代となる。
さらに、後半17分、ルーニーが危険行為により一発レッドで退場。
レッドカードは厳しすぎるような気もしたが・・・

これでかなり厳しくなったイングランドは、
延長を見据えた戦い方に。

一方、ポルトガルも攻撃が単調で、数的有利も活かせず無得点。
結局延長戦でも決着付かず、勝負はPK戦に。


PK戦に入ると、ポルトガルのキーパー・リカルドが
神がかり的なセービングを連発。

4人中3人を止める大活躍。決められた1本も触れていただけに、
読みが冴え渡っていたようだ。

ポルトガルも2本外したものの、3対1で勝利。
ベスト4進出を決めた。決勝進出をかけ、次はフランスと対戦する。
posted by 日本代表応援隊 at 19:43| Comment(1) | TrackBack(1) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

■イタリア−ウクライナ試合結果速報

決勝トーナメント2回戦、準々決勝イタリア対ウクライナの結果速報です。


イタリア 3 − 0 ウクライナ


伝統的な守備だけじゃなく攻撃陣も注目のイタリアと
シェフチェンコ率いるウクライナがベスト4をかけ対戦!

試合開始6分、いきなりイタリアが先制する。
トッティとのコンビネーションでザンブロッタが抜け出し、
左足で強烈なシュート!キーパーが触れるものの、
そのままゴール右隅に突き刺さる。

先制点を挙げてしまえば、あとはイタリア・カテナチオの本領発揮。
攻められても、良い形さえ作らせない鉄壁の守備で
主導権を完全に握った。

後半14分には、ショートコーナーからトッティがクロスを上げると、
トーニが頭で合わせて追加点。ウクライナを突き放す。

さらに、同24分には、ザンブロッタの突破からチャンスを作ると、
最後はトーニが決めて、2得点目。ウクライナに止めを刺した。

ウクライナも必死に攻めてチャンスを作ろうとするが、
最終的にイタリア守備陣に跳ね返され、得点が奪えず。

結局3対0とイタリアが完勝。ベスト4進出を決めた。
決勝進出をかけ、次戦は開催国ドイツと対戦する。
posted by 日本代表応援隊 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

■ドイツ−アルゼンチン試合結果速報

決勝トーナメント2回戦、準々決勝ドイツ対アルゼンチンの結果速報です。


ドイツ 1 − 3 アルゼンチン
   (4 PK 2)

開催国ドイツとタレント豊富なアルゼンチンが
ベスト4をかけ対戦!

前半は、お互い守備を固め、相手に良い形を作らせない
慎重な戦い方になり、スコアレスで前半終了。

後半開始早々、右コーナーキックのチャンスを得て、
リケルメからのボールをアジャラが頭で決め
アルゼンチンが先制点を挙げた。

その後、ドイツが同点に追いつくため攻勢に出る。
後半35分、バラックからのクロスを
ボロフスキがコースを変えたところへ
クローゼが飛び込み劇的な同点ゴール!

アルゼンチンは選手交代が上手く行かず、攻め手を欠き、
またドイツもバラックが負傷し、攻撃の形を作れず、
延長戦も得点がないまま終了。

試合の勝敗はPK戦に持ち込まれた。

ドイツは全員が決めたが、アルゼンチンは
ドイツゴールキーパーレーマンに2本止められ万事休す。

4対2でドイツがPK戦をものにした。
アルゼンチンは、20年ぶりの優勝が期待されたが、
準々決勝で姿を消すこととなった。

開催国ドイツは、ベスト4進出。
次はイタリアと決勝進出をかけ激突!
posted by 日本代表応援隊 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。