ワールドカップ日程 日本代表の試合日程と結果
ドイツW杯大会データ 日本代表ニュース
W杯関連DVD・ビデオ 日本代表ユニフォーム
各国代表ユニフォーム等 日本代表応援グッツ
ゲームで楽しむW杯 その他記念グッズ
ワールドカップ関連書籍 ワールドカップ試合結果速報

2006年06月25日

■アルゼンチン−メキシコ試合結果速報

決勝トーナメント1回戦、アルゼンチン対メキシコの結果速報です。


アルゼンチン 2 − 1 メキシコ


グループD2位のメキシコと
グループC1位のアルゼンチンが激突!

前半6分、メキシコがいきなり得たフリーキックの
チャンスをものにした。

右サイドからのFKをヘッドで流した所へ
走りこんだマルケスが右足で決め先制。

しかし、直後の同10分、コーナーキックをクレスポが合わせ
すぐに同点に追いつく。

その後は、ややメキシコが優勢に試合を進めるものの、
両チーム無得点のまま前後半90分が終了。
延長戦に突入することとなった。

選手交代がメキシコより少し遅かったのが、逆に良かったのか、
アルゼンチンは選手交代後にややペースを握るようになった。

延長前半8分、ソリンからのクロスを
ロドリゲスが胸でワントラップしてシュート。
これが決まって、勝ち越し。結局これが決勝点に。

延長戦までもつれ込んだ激闘は、
アルゼンチンがなんとかものにした。

準々決勝は開催国ドイツと対戦することに。
非常に注目される対戦になりそうだ。
posted by 日本代表応援隊 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ドイツ−スウェーデン試合結果速報

決勝トーナメント1回戦、ドイツ対スウェーデンの結果速報です。


ドイツ 2 − 0 スウェーデン


グループA1位の開催国ドイツと
グループB2位のスウェーデンが激突!

前半開始からドイツが積極的な攻撃を仕掛ける。
クローゼとポドルスキの2トップが
スウェーデンディフェンスを翻弄した。

前半4分、クローゼの突破からチャンスを作り、
最後はポドルスキが決め、貴重な先制点。

続いて、同12分またしてもポドルスキとクローゼの
コンビネーションでスウェーデンDFを崩し、
最後はポドルスキが2点目のゴール!

同35分には、スウェーデンDFの要ルチッチが
2枚目のイエローで退場になる。

2点ビハインドの上に、一人少なくなってしまう状況で
スウェーデンは打つ手がなくなってしまった。

結局、その後も終始ドイツペースで
2対0で試合終了。

ドイツがベスト8一番乗りを決めた。
次はアルゼンチンとの大一番が待っている。

posted by 日本代表応援隊 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

■スイス−韓国試合結果速報

一次リーグ、グループGのスイス対韓国の結果速報です。


スイス 2 − 0 韓国


勝てばグループ突破が確実になる大事な戦いとなった
スイス対韓国の対戦。

引き分けではグループリーグ敗退の可能性がある韓国は
点を取るために攻撃的な布陣で臨んだ。

ゲーム途中では、さらにフォワードを投入して
点を取りに行くが、結局はこれが裏目に出てしまった。

前半23分には、フリーキックからセンデロスに頭で決められ
先制点を奪われる。

そして後半32分には、オフサイドの微妙な判定があったが、
2点目を決められてしまい、完敗。

これで、スイスがグループ1位通過を決めた。
決勝トーナメントはウクライナと対戦。

韓国は2大会連続のトーナメント進出ならず。
これでアジア勢がすべてグループリーグ敗退となってしまった。
次回からのアジア枠削減の動きが加速しそうだ。



グループA(A組)対戦表
グループB(B組)対戦表
グループC(C組)対戦表
グループD(D組)対戦表
グループE(E組)対戦表
グループF(F組)対戦表
グループG(G組)対戦表
グループH(H組)対戦表
posted by 日本代表応援隊 at 20:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■トーゴ−フランス試合結果速報

一次リーグ、グループGのトーゴ対フランスの結果速報です。


トーゴ 0 − 2 フランス


2戦を終わってまさかの3位にいるフランスと
グループリーグ敗退が決まっているトーゴの一戦。

ジダンが累積警告で出場できないフランスだが、
アンリやトレゼゲを中心に果敢に点を取りに行った。

前半は、決めきれず無得点に終わったが、
後半10分にはヴィエラが、後半16分にはアンリが
立て続けにゴールを奪った。

結局2対0でフランスが快勝。なんとかグループリーグを
2位で通過することができ、前回大会の悪夢を払拭できたか?
決勝トーナメント1回戦は強豪スペインと対戦する。
 
posted by 日本代表応援隊 at 20:13| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ウクライナ−チュニジア試合結果速報

一次リーグ、グループHのウクライナ対チュニジアの結果速報です。


ウクライナ 1 − 0 チュニジア


勝ったほうが決勝トーナメント進出の可能性が高い
両チームの戦い。

前半は、見ていてもだるい展開に。
どちらもチャンスらしいチャンスを作れず
無得点のまま終了。

ただ、前半終了間際、チュニジアのジャジリが
2枚目のイエローで退場に。


後半、数的優位に立ったウクライナだが、
人数の少なさを感じさせないチュニジアの動きに
攻めきれない時間帯が続く展開に。

しかし、エース・シェフチェンコは少ないチャンスを狙っていた。

前線へのロングボールの処理をチュニジアDFがもたつく隙を突き、
シェフチェンコが粘ってボールに絡んでファールを誘う。

獲得したPKを自ら決め今大会2得点目。

結局、このまま試合終了し1対0でウクライナが勝利し、
決勝トーナメント進出を決めた。1回戦はスイスと対戦する。

 
posted by 日本代表応援隊 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■サウジアラビア−スペイン試合結果速報

一次リーグ、グループHのサウジアラビア対スペインの結果速報です。


サウジアラビア 0 − 1 スペイン


2連勝でグループリーグ突破を決めているスペインと
可能性はかなり薄いものの一応2位の望みがあるサウジアラビアとの対戦。

スペインは大幅にメンバーを入れ替え、
レギュラーメンバーの休養と控え選手のテストの様相。

やや優勢に試合を進めたスペインは前半36分、
左サイドでセットプレーのチャンスを得ると、
フアニートがドンピシャのヘディングシュートを叩き込む。

先制点を取ったスペインは落ち着いた試合運びで、
この1点を守りきった。

これでスペインは3連勝。
強さを見せつけ決勝トーナメントに進んだ。
1回戦は調子の上がらないフランスと対戦する。

サウジアラビアは初戦のチュニジア戦でおもしろい試合を
見せてくれたが、その後は力負けの感が否めない。
またもアジア勢がグループリーグで姿を消した。

 
posted by 日本代表応援隊 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

■日本−ブラジル試合結果速報

一次リーグ、グループEの日本対ブラジルの結果速報です。


日本 1 − 4 ブラジル


ジーコジャパンがいよいよ奇跡の決勝トーナメント進出を掛け
優勝候補の本命ブラジルと対戦。

最低でも2点差以上を付けて勝利することが条件となる日本は
先発メンバーを変えて戦いに望んだ。

フォワードを高原、柳沢から玉田、巻の2トップに変更。
また、ボランチを福西から稲本に変えて先発させた。

序盤、ブラジルに圧倒的に攻められ、危ない場面もあったが、
川口を中心になんとかしのぎ、迎えた前半34分、
左サイドから三都主が中に切れ込み、玉田にスルーパス。

これを受けた玉田が角度のないところからブラジルゴールに
シュートを突き刺した。歓喜のゴール!!!!!

奇跡を起こすために前半は無失点で終わりたい日本だったが、
前半ロスタイム、ロナウドに同点ゴールを決められてしまった。


後半も、ほぼブラジルペースで試合が進み、
ジュニーニョ、ジルベルトに立て続けにゴールを奪われた。

1対3となり、巻に変え、高原を投入するも、
交代直後に負傷で退場するというアクシデントも。

その後も、ロナウドに2得点目を決められ、
結局1対4の惨敗で日本のワールドカップは幕を閉じた。


後半、ブラジルはキーパーを交代させるなど、余裕の試合運び。
3連勝でグループリーグトップ通過。

決勝トーナメント1回戦は
旋風を巻き起こしつつあるガーナと対戦することとなった。

 
posted by 日本代表応援隊 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(2) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■オーストラリア−クロアチア試合結果速報

一次リーグ、グループEのオーストラリア対クロアチアの結果速報です。


オーストラリア 2 − 2 クロアチア


勝ったほうがグループリーグ突破の可能性が
高くなる大事な戦いとなったオーストラリア対クロアチア。

試合開始早々、クロアチアがセットプレーから
スルナが右足で決め先制。

一方、引き分けで突破が濃厚になるオーストラリアは、
前半38分、PKのチャンスを得て、同点に。

同点のまま迎えた後半11分、クロアチアのエースのニココバチが
勝ち越し点を挙げ、再びリードを奪う。

この後、ヒディンク監督が選手交代を積極的に行い、
流れを変えようとする。

すると、後半34分ゴール前の混戦からキューウェルが押し込み
非常に大きな同点弾となった。

終盤は、退場者が3人も出る荒れ模様の試合に。
結局2対2のドローとなった。

日本が敗戦したことで、
オーストラリアのグループリーグ突破が決定。
決勝トーナメントでイタリアと対戦することが決まった。



グループA(A組)対戦表
グループB(B組)対戦表
グループC(C組)対戦表
グループD(D組)対戦表
グループE(E組)対戦表
グループF(F組)対戦表
グループG(G組)対戦表
グループH(H組)対戦表
posted by 日本代表応援隊 at 16:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ガーナ−アメリカ試合結果速報

一次リーグ、グループEのガーナ−アメリカの結果速報です。


ガーナ 2 − 1 アメリカ


超大混戦になっているグールプEのガーナ対アメリカの対戦。

チェコを破り勢いに乗るガーナが、強さが本物であることを証明した。

前半22分、ドラマニがボールを奪った後、
そのままドリブルで持ち込みゴールを決めた。
主審の判定に?な所もあったが、ガーナが先制。

この時に足を蹴られたアメリカのレイナが
前半40分で交代するアクシデントに見舞われたアメリカだが、
同43分、デンプシーが今大会通算100ゴール目となる
記念ゴールで同点に。

しかし、その直後、ガーナにPKを与えてしまい、
すぐに突き放されてしまう。

後半は、アメリカが攻勢を仕掛けるが、
ガーナも必死のディフェンスでゴールを死守した。

結局、後半は両チーム無得点に終わり、2対1でガーナが勝利。


初出場のガーナがグループリーグ突破を決めた。
決勝トーナメントでは、ブラジルと対戦。
ガーナ旋風を巻き起こせるのか注目される所だ。

 
posted by 日本代表応援隊 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■チェコ−イタリア試合結果速報

一次リーグ、グループEのチェコ−イタリアの結果速報です。


チェコ 0 − 2 イタリア


超大混戦になっているグールプEの注目の一戦。

優勝候補の一角に上げられながら、負傷者が多数出るなど、
アクシデントに見舞われ、ここまで1勝1敗と後がないチェコ。

前半開始から、イタリアゴールに怒涛の攻撃を仕掛けるが、
イタリアの堅い守備に、決定的なところまで持っていけなかった。

一方、イタリアは前半17分、守備の要ネスタが
負傷交代と不安な事態に。

しかし、同26分、ネスタに代わって入ったマテラッツィが
コーナーキックを高い打点からヘディングシュート。
これが決まって、イタリアが貴重な先制点を挙げた。

なんとか同点に追いつきたいチェコだが、
前半ロスタイム、ポラクが2枚目のイエローで退場に。
これでチーム全体に諦めムードが・・・

数的に優位に立ったイタリアは、
さすがに上手く試合をコントロールし、
後半終了直前には、途中出場の復活したインザーギが
追加点を上げ完勝。

イタリアはグループリーグ1位通過を決めた。
決勝トーナメントでは、日本を破ったオーストラリアと対戦。

チェコは、多数の負傷者や退場者を出すなど、
今大会は不運に見舞われた。優勝候補の一角がここで姿を消した。

 
posted by 日本代表応援隊 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。