ワールドカップ日程 日本代表の試合日程と結果
ドイツW杯大会データ 日本代表ニュース
W杯関連DVD・ビデオ 日本代表ユニフォーム
各国代表ユニフォーム等 日本代表応援グッツ
ゲームで楽しむW杯 その他記念グッズ
ワールドカップ関連書籍 ワールドカップ試合結果速報

2006年06月22日

■コートジボワール−セルビア・モンテネグロ試合結果速報

一次リーグ、グループCのコートジボワール対セルビア・モンテネグロ
の結果速報です。


コートジボワール 3 − 2 セルビア・モンテネグロ


すでにグループリーグ敗退が決まっている両チームの対戦。

前半10分にセルビア・モンテネグロが先制。
その数分後、DFのクルスタイッチが左手を骨折して
負傷退場となるアクシデント。

その後、コートジボアールのミスなども重なり、
セルビア・モンテネグロが追加点を挙げる。

しかし、前半37分ペナルティーエリア内でハンドの反則でPKに。
コートジボアールが確実に決め1点差に追いつく。

さらに、前半終了間際、負傷退場したクルスタイッチに
代わって入ったナジがたったの30分で
イエローカード2枚をもらって退場に。


後半は、数的優位に立ったコートジボアールが
試合を支配し、攻勢に出る。

後半22分にディンダンのヘディングゴールで同点。
さらに、同41分PKを獲得し、逆転ゴール。

激しい試合は、最後にコートジボアール側にも退場者が出て終了。

 
posted by 日本代表応援隊 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■オランダ−アルゼンチン試合結果速報

一次リーグ、グループCのオランダ対アルゼンチンの結果速報です。


オランダ 0 − 0 アルゼンチン


すでにグループリーグ突破を決めている両チーム。
どちらも優勝候補に挙げられているだけに注目の1戦となった。

アルゼンチンは主力メンバーの一部を温存したが、
注目のマラドーナ2世といわれているメッシが先発。

テベスとの2トップでオランダゴールに迫るが、
後一歩のところでゴールを奪えず、無得点。

オランダもロッベンを欠き、なかなか攻撃のリズムを作れず無得点。

結局、スコアレスドローとなった。


この結果で、アルゼンチンがトップ通過となり、
決勝トーナメントでは、メキシコと対戦が決定。

オランダは2位通過が決まり、
決勝トーナメント1回戦は強敵ポルトガルと。
 
posted by 日本代表応援隊 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(2) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■イラン対アンゴラ試合結果速報

一次リーグ、グループDのイラン対アンゴラの結果速報です。


イラン 1 対 1 アンゴラ


すでに敗退が決まっているイラン。
メキシコの結果次第では、
グループリーグ突破の可能性を残すアンゴラの対戦。

試合開始からイランが積極的な攻撃を仕掛ける展開。
良い形を作るものの決められず、スコアレスのまま前半終了。

後半からはアンゴラが立て直し、やや優勢に試合を進めると、
後半15分、右サイドからのクロスを
フラビオがヘディングで決め先制。

グループリーグ突破には追加点が欲しいアンゴラは、
何度かチャンスを作るものの、ゴールを奪えず、
同30分、イランに同点ゴールを決められてしまった。

結局、1対1のドローとなった。
アンゴラは決勝T進出ならず。

 
posted by 日本代表応援隊 at 10:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ポルトガル対メキシコ試合結果速報

一次リーグ、グループDのポルトガル対メキシコの結果速報です。


ポルトガル 2 対 1 メキシコ


すでに決勝トーナメント進出を決めているポルトガルと
負ければアンゴラの結果次第で、
予選敗退が決まってしまうメキシコの対戦。

ポルトガルは、デコやロナウドなどの主力を温存。

試合が始まると、主導権はメキシコが握る展開に。
しかし、得点したのはポルトガル。

前半6分、左サイドからのパスをマニシェが決め先制。
同24分、PKを得て、シモンが確実に決め追加点。

対するメキシコは、同29分コーナーキックから
フォンセカが頭で押し込み一点差にして前半を折り返した。

後半に入り、メキシコが怒涛の攻勢を仕掛けると、
ペナルティーエリア内でポルトガルのファールを誘ってPK獲得。

引き分けでも、グループ突破が決まるメキシコは
絶対に外せないところだが、キッカー・ブラボがまさかの失敗。

絶好のチャンスを逃してしまった。
PK失敗直後には、流れが変わってしまったのか、
ペレスが2枚目のイエローで退場。

数的不利になったメキシコだが、
果敢にポルトガルゴールを襲い続ける。
しかし、結局ゴールを奪えず、敗戦。

ポルトガルは主力を温存しながら、3連勝を決め首位通過。
メキシコはアンゴラの結果を受け、なんとか2位通過となった。


ポルトガルは、決勝トーナメント1回戦はオランダとの対戦。
ものすごい試合になりそうな予感が・・・

メキシコは、アルゼンチンと対戦することになった。
 
posted by 日本代表応援隊 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

■イングランド対スウェーデンの結果速報

一次リーグ、グループBのイングランド対スウェーデンの結果速報です。


イングランド 2 対 2 スウェーデン


ものすごい試合になった。

イングランドはグループリーグ突破が決まっているものの、
負ければ決勝トーナメントでドイツと対戦することになり、
できれば負けたくない試合。

一方のスウェーデンは、負けるとトリニダード・トバゴの結果次第で
グループリーグ敗退になり、絶対に負けられない試合。

意地と意地がぶつかる好ゲームとなった。
イングランドは38年間スウェーデン相手に白星を挙げておらず、
非常に苦手とする相手。


試合開始早々、オーウェンが負傷退場となるアクシデント。
オーウェンの代わりに長身FWクラウチが入った。

前半34分、ジョー・コールが
マンガのようなドライブシュートを決め先制。
前半を1対0で折り返す。

後半開始早々、スウェーデンがコーナーキックから同点弾。

その後しばらくこう着状態が続くが、終盤に入り、
ルーニーに代わって途中出場のジェラードが
ジョー・コールのクロスを頭で合わせて勝ち越しに成功。

時間的にも、これで決着が付くかと思われたが、
スウェーデンが脅威の粘りを見せる。

ロスタイム突入直後、ロングスローがゴール前に流れた所を
ラーションが押し込み劇的な同点ゴール。


これにより、イングランドが1位通過。決勝トーナメントでは
エクアドルと対戦が決定。

スウェーデンは2位通過。トーナメント1回戦は開催国ドイツと対戦。
非常に楽しみな対戦となった。

 
posted by 日本代表応援隊 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■パラグアイ対トリニダード・トバゴの結果速報

一次リーグ、グループBのパラグアイ対トリニダード・トバゴの結果速報です。


パラグアイ 2 対 0 トリニダード・トバゴ


グループリーグ敗退が決まっているパラグアイと
わずかならがら可能性を残しているトリニダード・トバゴの1戦。

トリニダード・トバゴは攻撃的な布陣で臨んだが、
結局最後までゴールを割ることができず、
大会を通じて無得点で終わることになった。

パラグアイは定評のある守備力を発揮して、無得点に押さえると、
前半には、フリーキックが幸運にも相手のオウンゴールを誘い先制。

終盤にも追加点を奪い、今大会初勝利を飾った。



グループA(A組)対戦表
グループB(B組)対戦表
グループC(C組)対戦表
グループD(D組)対戦表
グループE(E組)対戦表
グループF(F組)対戦表
グループG(G組)対戦表
グループH(H組)対戦表
posted by 日本代表応援隊 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ドイツ対エクアドル試合結果速報

一次リーグ、グループAのドイツ対エクアドルの結果速報です。


ドイツ 3 対 0 エクアドル


ともに2連勝してグループリーグ突破を決めている
ドイツとエクアドルの1戦。

ドイツは前半開始早々、コーナーキックのこぼれ球を
クローゼが右足であわせて先制ゴール。

エース・デルガドを温存し、攻撃の柱がないエクアドルに
ボールをまわされるが、決定的なチャンスを与えなかった。

そして、ドイツに回ってきたチャンスを確実に点に結びつけた。

前半終了間際に、バラックからのパスを受けたクローゼが決め2点目。
後半にもポドルスキのゴールでダメ押し点。

結局3ゴールを挙げたドイツが完勝。


ドイツは首位通過で、グループBの2位(スウェーデン)と
決勝トーナメントで対戦することとなった。

エクアドルは2位通過で、グループBの1位(イングランド)と
決勝トーナメントで対戦が決定。

 
posted by 日本代表応援隊 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■コスタリカ対ポーランド試合結果速報

一次リーグ、グループAのコスタリカ対ポーランドの結果速報です。


コスタリカ 1 対 2 ポーランド


早くもグループリーグ3戦目に入った。

すでに敗退が決まっているコスタリカとポーランドの対戦カード。
両チームとも最後の意地を見せたいところ。

前半25分ワンチョペがゴール前で倒されFKのチャンス。
ゴメスが地をはうような豪快なシュートを直接蹴り込み先制点。

対するポーランドも同33分コーナーキックを
ボサツキがボレーシュートでゴールし同点に。

さらにボサツキが後半21分にも、
逆サイドからのコーナーキックをヘディングで叩き込み逆転。

ポーランドは堅い守備が復活して、追加点を許さず2対1で逆転勝利。
最後の意地を見せた。

 
posted by 日本代表応援隊 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

■スペイン対チュニジア試合結果速報

一次リーグ、グループHのスペイン対チュニジアの結果速報です。


スペイン 3 対 1 チュニジア


スペインが逆転勝ちでグループリーグ突破を決めた。

前半早々、チュニジアに先制ゴールを許してしまったスペイン。
ゲームの主導権は握るものの得点が奪えず、前半は0対1で折り返す。

後半からラウルらを投入したスペインは、
26分シュートのこぼれ玉をラウルが押し込み同点に。

その後も攻め続け、2点を追加して逆転勝ち。
圧倒的な攻撃力を見せつけ、決勝トーナメント進出を決めた。


チュニジアは先制点を挙げた他はこれといった見せ場もなく敗退。


この試合で2得点したフェルナンド・トーレスは計3得点となり、
現時点で得点ランクトップに立った。

 
posted by 日本代表応援隊 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ウクライナ対サウジアラビア試合結果速報

一次リーグ、グループHのウクライナ対サウジアラビアの結果速報です。


ウクライナ 4 対 0 サウジアラビア


ウクライナがシェフチェンコらのゴールで完勝。
ワールドカップ初勝利を挙げる。

前後半2点ずつを挙げて大量4得点。
初戦の大敗を引きずらない試合展開だった。

エース・シェフチェンコもゴールを決め、
この後の試合も非常に楽しみにさせる内容となった。


サウジアラビアは、決定的なチャンスを作れず、ミスも目立つ内容。
グループリーグ突破は厳しくなってきた。



グループA(A組)対戦表
グループB(B組)対戦表
グループC(C組)対戦表
グループD(D組)対戦表
グループE(E組)対戦表
グループF(F組)対戦表
グループG(G組)対戦表
グループH(H組)対戦表
posted by 日本代表応援隊 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ試合結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。